2016年09月30日

「生体電磁環境に関する検討会 先進的な無線システムに関するワーキンググループ」における検討事項等に係る意見募集

 総務省が、「生体電磁環境に関する検討会 先進的な無線システムに関するワーキンググループ」を開催しており、検討すべき事項等について、パブリックコメント「生体電磁環境に関する検討会 先進的な無線システムに関するワーキンググループにおける検討事項等に係る意見募集」にて意見募集を開始しました。

 「生体電磁環境に関する検討会 先進的な無線システムに関するワーキンググループ」では、防護指針・適合性評価方法見直し検討が平成29年7月頃から行われる予定になっています。
 また、第5世代移動通信システム(5G)、超高速無線LAN、ワイヤレス電力伝送(WPT)等の先進的な無線システムの普及・実用化に向けた取組が急速に進展しており、電波の安全性の調査及び評価を実施する予定になっています。

 電磁波による健康被害を被っている方もおり、電磁波過敏症の方もいます。

 「生体電磁環境に関する検討会 先進的な無線システムに関するワーキンググループ」で、電磁波による健康被害の実態を把握できるか気になる所です。



posted by Auctor at 08:00 | Comment(0) | 時事ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月29日

平成27年分民間給与実態統計調査結果

 国税庁が、平成27年分民間給与実態統計調査結果を公表しました。
 平成27年分民間給与実態統計調査結果は、源泉徴収義務者(事業所)の支払額に着目し集計を行ったものになっています。

 給与所得者数は、正規3,142万人・非正規1,123万人になっており、約4人に1人は非正規となっています。
 一人当たり平均給与は、正規485万円・非正規171万円となっており、前年度より格差が広がっています。

 業種別の平均給与では、「電気・ガス・熱供給・水道業」:715万円・「金融業,保険業」:639万円・「
情報通信業」:575万円と高い一方、「サービス業」:345万円・「農林水産・鉱業」:306万円・「宿泊業,飲食サービス業」:236万円と低い状態です。

 600万円以下までの給与所得構成比は、以下の通りです。
○100万円以下: 男3.1%・女16.5%
○100万円超 200万円以下: 男7.3%・女26.1%
○200万円超 300万円以下: 男12.7%・女21.4%
○300万円超 400万円以下: 男18.3%・女16.3%
○400万円超 500万円以下: 男17.5%・女9.2%
○500万円超 600万円以下: 男12.9%・女4.9%

 正規・非正規の平均給与格差と業種間の平均給与格差は、一つの大きな社会問題かと思います。



posted by Auctor at 08:00 | Comment(0) | 時事ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月28日

平成29年1月1日(予定)からM2M等専用番号「020」から始まる番号帯を創設

 総務省が、平成29年1月1日(予定)から、M2M等専用番号「020」から始まる番号帯を創設する事を発表しました。パブリックコメント「電気通信番号規則の一部を改正する省令案等に対する意見募集」にて意見募集中です。

 M2M等専用番号「020」は、当初11桁でスタート(8,000万番号確保)予定で、主としてデータ通信用となります。M2M等専用番号「020」は番号ポータビリティ義務の対象から除外され、音声による緊急通報(110番、118番、119番)は、要件とされておらず、ユニバーサルサービス料負担の対象外となります。

 M2Mでの通信のセキュリティ(電子証明書やSSLによる通信等)については、情報通信審議会 電気通信事業政策部会電気通信番号政策委員会(第19回)議事録によると、M2Mサービス提供事業者や利用者における適切な措置が図られるものと認識されています。
 インターネット技術の標準化を推進する任意団体(Internet Engineering Task Force: IETF)が、M2M certificatesの標準化を進めており、今後のIoT/M2Mアプリケーションにおいて、M2M certificatesがセキュリティソリューションの一つになるかと思います。

 今後、様々な物にM2M等専用番号「020」が割り当てられ、通信が行われ、人がいない所で車や家電や機械が様々な動作を行うのを目撃するようになるかもしれません。



posted by Auctor at 08:00 | Comment(0) | 時事ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする