2017年02月28日

神経損傷治療用ナノファイバーメッシュを開発

 国立研究開発法人物質・材料研究機構(NIMS)が、国立研究開発法人物質・材料研究機構 (NIMS) と大阪大学の研究チームが、神経損傷治療用ナノファイバーメッシュを開発した事を発表しました。

 神経損傷治療用ナノファイバーメッシュは、損傷した末梢神経に直接巻いて再生を促進し、機能を回復させるものとなっており、神経系を正常に機能させるために重要なビタミンB12を含有しています。また、神経損傷治療用ナノファイバーメッシュは、生分解性プラスチックでできており、最終的には体外に排出される仕組みになっています。
 現在、製薬会社等と共同で、手根管症候群などの末梢神経障害の治療デバイスとしての臨床応用を協議しているとの事です。

 手足の痺れや痛みを治すシートとして、将来医療現場で利用される日が近いかもしれません。



posted by Auctor at 08:00 | Comment(0) | 時事ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月27日

平成28年版 まんがで読む防衛白書

 防衛省が、「平成28年版 まんがで読む防衛白書」を公開しました。
 http://www.mod.go.jp/j/publication/kohoshiryo/comic/index.html

 「平成28年版 まんがで読む防衛白書」では、防衛装備品について述べられており、今後の防衛装備品の海外移転を考える上で一読しておくのも良いかと思います。



posted by Auctor at 08:00 | Comment(0) | 時事ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月26日

「平成29年度税制改正(案)のポイント」

 財務省が、「平成29年度税制改正(案)のポイント」を公開しました。
 http://www.mof.go.jp/tax_policy/publication/brochure/zeiseian17.htm

 酒税改革(案)では、平成38年10月(2026年10月)には、ビール・発泡酒・新ジャンルの酒税が統一予定となっており、ビールは酒税が安くなり発泡酒・新ジャンルは酒税が高くなる予定です。
 同じ酒税額になった際には、発泡酒・新ジャンルのお酒は、市場から無くなるかもしれません。

 税率の安い物に対して税率を高くして、税収を補おうとしている考えは、もう限界に近い気がします。また消費者や労働者から税収を補う方法も限界に近い気がします。

 どこから、税を徴収して税収を増やすかという問題に対して、以下の税を考慮しても良いかと思います。
○世界遺産税(世界遺産のある地域の宿泊料金税金を課す)
○労働分配率税(企業の労働分配率が一定の割合以下になったら、その分税金を課す)
○内部留保税(企業の内部留保の金額が一定の割合以上になったら、その分税金を課す)
○残業税(企業が労働者に残業させた場合に一定の割合で税金を課す)
○連帯保証人税(連帯保証人を要求する人や団体や企業に税金を課す)
○議員バッジ税(各議員に課する税金)
○政党税(政党に課する税金)



posted by Auctor at 08:00 | Comment(0) | 時事ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする