2017年05月01日

タクシー乗場標識変更へ

 国土交通省自動車局旅客課が、タクシー乗場標識を漢字等から英字に変更する事を公表しました。

 背景として、政府は2030年に訪日外国人旅行者数を現在の約3倍(6000万人)とすることを目標としており、訪日外国人旅行者がより移動しやすい環境の整備を行うためとされています。

 タクシー乗場標識変更の公布・施行は平成29年6月予定となっており、パブリックコメントにて意見募集中です。

 新しいタクシー乗場標識は、ISO7001での標識(上部:TAXI文字の部分が黒塗りボックスの中に白文字、下部:車正面の絵で上部に突起は無し)と異なっており、TAXI文字の部分が黒文字で、車正面の絵には上部に突起が描かれているものとなっています。
 ISOでのグラフィックシンボルは、 ISO's Online Browsing Platform (OBP)で確認する事が出来ます。(taxiで検索すると確認できます。)
 ISO's Online Browsing Platform (OBP): https://www.iso.org/obp/ui/#search/grs/

 訪日外国人旅行者が判別し易いように、新しいタクシー乗場標識は、ISO7001の標識にするのが良い気がします。



posted by Auctor at 08:00 | Comment(0) | 時事ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする