2017年05月09日

「FinTechビジョン」を公開

 経済産業省が、FinTech(フィンテック)に関する初めての総合的な報告・提言「FinTechビジョン」を取りまとめ公表しました。

 「FinTech(フィンテック)」は、Finance(⾦融)と Technology(技術)を組み合わせた言葉で、「お⾦」のかたちが変わり、信⽤やリスクの捉え⽅が変わり、それらを⽀える担い⼿が変わるとされています。

 お金のかたちは、紙幣や硬貨に限定されることなく、第三者機関による信用やリスク管理ではなく分散型ネットワークによる信用情報やリスク管理が行われ、支える担い手は金融機関とは限らなくなります。

 「FinTechビジョン」では、FinTech社会の実現に向けた道筋について、以下の項目を示しています。
1. FinTech普及の前提条件を整える
2. 「お金」の流れをデジタルで完結する
3. 中小企業等のFinTech活用を後押し
4. イノベーション(試行錯誤)を促す仕組み作り・環境整備

 FinTechによって日々の生活がどう変わるのかのイメージを示した、「フィンテックがある1日〜お金が変わる。社会が変わる。〜」動画も公開されています。
 https://youtu.be/FJx_yilnmP0

 FinTechが浸透すれば、お金は紙幣や硬貨ではなく、特定のデータを指す時代になるかもしれません。



posted by Auctor at 08:00 | Comment(0) | 時事ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする