2017年06月16日

柔道整復師施術管理者の実務経験3年要件の通知

 厚生労働者が、各都道府県・保健所を設置する市・特別区の衛生担当部(局) へ柔道整復師施術管理者の3年要件の通知を行った事を公表しました。

 柔道整復師施術管理者は、実務経験3年と研修の受講を要件とされており、平成30年4月から施行される予定になっています。

 研修の受講内容(16時間以上2日間程度)については、以下の予定になっています。

(1)職業倫理について
・ 倫理
・ 社会人・医療人としてのマナー
・ 患者との接し方
・ コンプライアンス(法令遵守)

(2)適切な保険請求
・ 保険請求できる施術の範囲
・ 施術録の作成
・ 支給申請書の作成
・ 不正請求の事例

(3)適切な施術所管理
・ 医療事故・過誤の防止
・ 事故発生時の対応
・ 医療機関等との連携
・ 広告の制限

(4)安全な臨床
・ 患者の状況の的確な把握・鑑別
・ 柔道整復術の適用の判断及び的確な施術
・ 患者への指導
・ 勤務者への指導

 就業柔道整復師数・施術所数は、年々増加しており、平成26年12月末には、柔道整復師数が約6万4千人・施術所数が約4万6千所となっています。

 平成30年4月からは、多くの施術所所で研修の効果が出てくるかと思います。



posted by Auctor at 08:00 | Comment(0) | 時事ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: