2018年02月20日

持続可能な開発目標(SDGs)に向けた国際標準化のアイデアを募集

 経済産業省が、持続可能な開発目標(SDGs)に向けた国際標準化のアイデアの募集を開始しました。

 「持続可能な開発目標(以下SDGs)」は、2015年に国連で採択され、世界全体が目指すべき目標とされています。
 経済産業省では、SDGs関連の国際市場へアクセスするために、「持続可能な開発目標(以下SDGs)」達成に貢献する経営規範の確立・認証等、国際標準化を活用した手法が重要になると予想しており、日本企業が「持続可能な開発目標(以下SDGs)」関連市場でビジネス機会を見いだし、成長しながら、世界の課題解決に貢献することを可能にすると考えています。
 http://www.meti.go.jp/press/2017/02/20180219001/20180219001.html

 昨今、世界の国々では、国際標準化戦略が重要視されており、既存の技術を国際標準化してビジネスを行う事を目指すのではなく、将来のビジネスモデルを構築し、市場シェアを拡大しつつ、国際標準化によりビジネスを有利に展開するための手段となっています。

 現時点でコストが見合わないために実施出来ない事について、国際標準化する事でコスト削減を行う方法もありかと思います。



posted by Auctor at 08:00 | Comment(0) | 時事ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月19日

アイルランドでの給与とワークライフバランスの不満

 アイルランドでの給与とワークライフバランスの不満状況が報道されています。

○アイルランド勤労者の半分以上は、来年にも仕事を変える事を検討
○51%の人々は、仕事をやめる重要な要因は、給与とワークライフバランスである
○40%以上の人々が、現在の仕事で、良いワークライフバランスではないと感じている
○約60%の人々が、現在の給与に満足していない

 日本でも、働き方改革について議論がされていますが、給与とワークライフバランスについても議論を深めていく必要があるように思います。



posted by Auctor at 08:00 | Comment(0) | 時事ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月17日

「皆既月食を観察しよう 2018」キャンペーン集計結果

 国立天文台が、「皆既月食を観察しよう 2018」キャンペーン集計結果を公開しました。

 今回のキャンペーンでは、全部で2,042件(うち有効1,982件)の観察結果が報告されています。

 寄せられた感想(一部抜粋)には、担当者からのコメントが記されており、担当者の熱意が感じられます。
 https://naojcamp.nao.ac.jp/phenomena/201801-lunar-eclipse/result/

 次の皆既月食(7月28日)には、天気に恵まれる事を期待したいところです。



posted by Auctor at 08:00 | Comment(0) | 時事ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする