2018年05月25日

日本が「パスポートランキング」単独1位に

 ヘンリー・アンド・パートナーズ(Henley & Partners)が5月22日に発表した「パスポートランキング」で、日本が単独1位となりました。

 世界219カ所の渡航先のうち、日本パスポートを所持する方が事前にビザを取得すること無しに渡航先(空港や国境で到着ビザが取得可能な国・地域も含む)が189カ所となっています。

 今後も各国や各地域と良好な関係を築いてビザなしで入国できる国や地域が増えると良いかと思います。



posted by Auctor at 08:00 | Comment(0) | 時事ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月24日

『「デザイン経営」宣言』

 経済産業省・特許庁が、『「デザイン経営」宣言』として、「産業競争力とデザインを考える研究会」の報告書を公表しました。

 報告書では、デザインの投資効果として、以下を挙げています。
○£1のデザイン投資に対して、営業利益は£4、売上は£20、輸出額は£5増加
○デザインを重視する企業の株価は、S&P 500全体と⽐較して、10年間で2.1倍成⻑
○デザイン賞に登場することの多い企業(166社)の株価は、市場平均(FTSE index)と⽐較し、10年間で約2倍成⻑

 また、報告書では「デザイン経営」の定義として、以下を挙げています。
1. 経営チームにデザイン責任者がいること
2. 事業戦略構築の最上流からデザインが関与すること

 報告書別冊として、『「デザイン経営」の先行事例』も公表されています。
 http://www.meti.go.jp/press/2018/05/20180523002/20180523002.html

 昨今、機能とデザインを上手く融合した製品やサービスが世界を席巻しており、今後の企業価値として、「デザイン経営」は重要になってくるかと思います。



posted by Auctor at 08:00 | Comment(0) | 時事ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月23日

平成30年10月頃より地域の風景や観光資源を図柄にした地方版図柄入りナンバープレートの交付を開始

 国土交通省が、平成30年10月頃より地域の風景や観光資源を図柄にした地方版図柄入りナンバープレートの交付を開始する事を発表しました。

 全国41地域の地方版図柄入りナンバープレートデザインは、以下の通りです。
 http://www.mlit.go.jp/report/press/jidosha06_hh_000079.html

○東北
盛岡(岩手県盛岡市等): 不来方の風
岩手(岩手県宮古市等): 銀河鉄道の夜
平泉(岩手県一関市等): 世界文化遺産「平泉」
仙台(宮城県仙台市): 伊達政宗公と仙台七夕まつり
山形(山形県山形市等): さくらんぼの里 山形
庄内(山形県鶴岡市等): 稲穂の波と鳥海山

○関東
土浦(茨城県土浦市等): 帆引き船、花火
つくば(茨城県つくば市等): 筑波山
前橋(群馬県前橋市等): 赤城山
越谷(埼玉県越谷市): ガーヤちゃん、南越谷阿波踊り
成田(千葉県成田市等): 飛行機が飛ぶ街
柏(千葉県柏市等): 手賀沼
世田谷(東京都世田谷区): 多摩川とサギソウ
杉並(東京都杉並区): 杉並続くみどりいっぱいのまち
富士山(山梨県富士吉田市等): 富士山

○北陸信越
新潟(新潟県新潟市等): 萬代橋、トキ
長岡(新潟県長岡市等): 長岡花火
富山(富山県全域): 立山連峰
金沢(石川県金沢市等): 雪つり、梅鉢紋
石川(石川県加賀市等): 白山、能登の里海の波

○中部
福井(福井県全域): 恐竜
富士山(静岡県富士宮市等): 雄大な富士と豊かな田園
豊田(愛知県豊田市): 豊田スタジアムとグランパスくんファミリー
春日井(愛知県春日井市): 道風くんとサボテンキャラクター

○近畿
滋賀(滋賀県全域): 琵琶湖
京都(京都府全域): 花紋様 天橋立・五重塔
奈良(奈良県全域): 桜、紅葉

○中国
鳥取(鳥取県全域): 砂丘、大山、梨
福山(広島県福山市等): 広島東洋カープ
下関(山口県下関市): 下関のランドマーク
山口(山口県山口市等): 秋吉台、錦帯橋

○四国
徳島(徳島県全域): 阿波おどり
香川(香川県全域): 瀬戸内海、オリーブ
愛媛(愛媛県全域): みきゃん
高知(高知県全域): はりまやばし、カツオ

○九州
長崎(長崎県長崎市等): ステンドグラス
佐世保(長崎県佐世保市等): ステンドグラス
熊本(熊本県全域): くまモン
大分(大分県全域): 温泉
宮崎(宮崎県全域): ひなたと海
鹿児島(鹿児島県鹿児島市等): 桜島

 地方版図柄入りナンバープレートは、ラグビーW杯や東京2020オリンピック・パラリンピック特別仕様ナンバープレートとは異なり、寄付金(1,000円以上)が必要となり、軽自動車の図柄入りナンバープレートには「黄色」の縁取りがされます。

 平成30年10月以降には、各地で地域の風景や観光資源を図柄にした地方版図柄入りナンバープレートを見かける事が多くなるかもしれません。



posted by Auctor at 00:00 | Comment(0) | 時事ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする