2017年06月09日

平成28年通信利用動向調査の結果

 総務省が、平成28年通信利用動向調査の結果を公表しました。

 平成28年通信利用動向調査の結果における主な内容は、以下の通りとなっています。

○インターネットの利用動向について
・インターネットを利用している個人の割合は83.5%となり、平成27年の83.0%から上昇。
・世帯年収別では、年収400万円以上の各区分の世帯の約9割がインターネットを利用。
・年齢階層別では、20歳代の3分の2超が、SNS・動画投稿を利用。
・企業のソーシャルメディアサービスの活用は、全体では前年と同程度の22.1%であるものの、金融・保険業は34.1%に上昇。

○スマートフォンの利用状況及び保有状況について
・スマートフォンでインターネットを利用している人の割合は57.9%となり、平成27年の54.3%から上昇。
・スマートフォンを保有する個人の割合は56.8%となり、平成27年の53.1%から上昇。
・スマートフォンを保有する世帯の割合は71.8%となり、パソコンを保有する世帯の割合(73.0%)とは1.2ポイント差に減少。(平成27年: 4.8ポイント差)

○ICTと労働生産性について
ICTを利活用している企業の方が、利活用していない企業よりも、いずれも一社あたりの労働生産性が高い。
・テレワーク: 未導入企業の1.6倍。
・ICT教育: 未実施企業の1.3倍。
・クラウドサービス: 未利用企業の1.3倍。
・無線システム/ツール: 未導入企業の1.2倍

○インターネット利用で感じる不安 (個人)
・個人情報やインターネット利用履歴の漏えい(87.8%)
・コンピュータウイルスへの感染(67.4%)
・架空請求やインターネットを利用した詐欺(51.6%)

○情報通信ネットワークを利用する上での問題点 (企業)
・ウイルス感染に不安(48.8%)
・運用/管理の人材が不足(41.3%)
・運用/管理の費用が増大(38.2%)

 個人・企業にとって、インターネットは社会に不可欠な物になりつつある時代かと思います。



posted by Auctor at 08:00 | Comment(0) | 時事ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月08日

カシューオイルから室温で成形可能なグリーンプラスチックを開発

 東京農工大学と明治大学の共同研究チームが、カシューナッツの殻に含まれる天然の植物油(カシューオイル)から室温で成形可能なグリーンプラスチックを開発した事を発表しました。

 カシューオイルから生成されたグリーンプラスチック(植物由来のプラスチック)は、300度付近まで熱的に安定であり、酸・アルカリ・有機溶媒に対する化学的耐久性に優れており、天然ポリフェノールを反映した黄色ブドウ球菌や大腸菌に対する抗菌特性も有しています。

 また、環境や人体に有害なホルムアルデヒドや揮発性有機化合物(VOC)・重金属・強酸等の化合物を使用せずに、室温下で容易にフィルムや樹脂への成形加工が可能なため、今後幅広い分野での利用が期待されます。

 プラスチックの原料は石油ではなく、カシューオイルが前提になる時代が到来するかもしれません。



posted by Auctor at 08:00 | Comment(0) | 時事ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月07日

個人情報保護委員会が認定個人情報保護団体一覧を公開

 個人情報保護委員会が、平成29日5月30日現在の認定個人情報保護団体一覧を公開しました。

 認定個人情報保護団体は、保有個人データの取扱いに関する本人からの苦情において事業者と解決が図れない場合に、第三者機関として関与し、苦情本人と事業者との迅速・円滑な問題解決を行います。

 認定個人情報保護団体一覧は、以下ページにて公開されています。
 http://www.ppc.go.jp/personal/nintei/list/

 平成29年5月30日に改正個人情報保護法の全面施行により、パーソナルデータを加工したビッグデータ(匿名加工情報)の活用が今後進んでいくかと思いますので、個人データの取扱いに関して苦情がある場合には、認定個人情報保護団体へ連絡するのも良いかと思います。



posted by Auctor at 08:00 | Comment(0) | 時事ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする