2017年12月30日

農業の「働き方改革」アイデア募集

 農林水産省が、平成30年2月28日まで、農業の「働き方改革」アイデア募集をしています。

 農業の「働き方改革」アイデア募集は、農業者をはじめとして様々な方からアイデアを募集しています。
 優れたアイデアは、農業の「働き方改革」検討会で紹介される予定になっています。
 https://www.contactus.maff.go.jp/j/form/keiei/fukyu/system/work.html

 国の検討会において、有識者委員からの提案だけでなく、広く一般からアイデアを募集するのはとても好ましい事かと思います。
 一般の方による優れたアイデアが、国の政策にも反映されていくようになると、様々な課題が解決していくかと思います。



posted by Auctor at 08:00 | Comment(0) | 時事ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月29日

中国山東省済南市で太陽光発電高速道路がテスト開通

 中国山東省済南市で建設されていた太陽光発電高速道路がテスト開通しました。

 テスト開通した太陽光発電高速道路の距離は1kmで、道路の表面は透明コンクリートを使用しています。(太陽光発電高速道路上を車が走る前提となっており、テスト開通時には太陽光発電高速道路上で車を走らせています。)

 テスト開通した太陽光発電高速道路での電気は、道路照明灯や標識看板や監視カメラやゲートに利用され、余った電気は、送電網に供給するとされています。

 全面開通後には、1年で100万Kwの発電を見込んでおり、800世帯分の電気に相当するとされています。

 将来的には、太陽光発電高速道路で、モバイル充電とインターネットアクセス環境を開発するとされています。

 日本の高速道路を太陽光発電高速道路にするには、業界団体の利益を考慮せず、国のあり方を真剣に考える省庁や政府次第かと思います。



posted by Auctor at 08:00 | Comment(0) | 時事ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月28日

「おもてなしスキルスタンダード」

 経済産業省が、「おもてなしスキルスタンダード」を策定した事を公表しました。

 「おもてなしスキルスタンダード」は、中小企業・小規模事業者人材対策事業(カイゼン指導者育成事業)の平成29年度採択事業者3社(一般社団法人おもてなしマイスター協会・エイジスリサーチ株式会社・一般社団法人サービスデザイン推進協議会)と経済産業省の協議によって策定されており、サービス産業に携わる現場人材のスキルを標準化・体系化したものとされています。

 「おもてなしスキルスタンダード」の4つの理念は、以下の通りです。
○「お客様」の期待を元に、共に価値をつくる
○「継続・向上」していく
○「同僚・チーム・仲間等」の意欲と能力を相互に引き出す
○「地域社会」と共生していく

 「おもてなしスキルスタンダード」の4つの理念をふまえ、サービス産業の現場人材に横断的に求められるスキル等である「おもてなしスキルスタンダード」のスキルセットは、以下の通りです。

1. おもてなしマインド
○ベーシック
 おもてなしスキルスタンダードの理念について理解している。
 日本のおもてなしの背景を知り、ホスピタリティやしつらえなどを含む、おもてなしの概念について理解している。
○アドバンス
 おもてなしスキルスタンダードの理念について理解したうえで、他者に説明出来る。
 日本のおもてなしの背景を知り、ホスピタリティやしつらえなどを含む、おもてなしの概念について理解し、自らの業務に関連付けてお客様へのアクションとして体現することができる。

2. ビジネスベーシック
○ベーシック
 社内外の人に対して正しい言葉遣いで挨拶ができる、声がけに対してふさわしい返答ができる、というような社会人として最低限必要な行動がとれる。
 仕事する上での基本的なルールやコンプライアンスについて学び、社会人として仕事に取り組む上で必要な
心構えを理解する。
○アドバンス
 社内外問わず、相手との関係性を配慮した適切な言葉遣いやアプローチで様々なコミュニケーションをとることができ、良好な関係を築くことができる。
 仕事する上での基本的なルールやコンプライアンスについて学び、社会人として仕事に取り組む上で必要な心構えを理解した上で、現場で手本となるような振る舞いをすることができる。

3. おもてなし五原則(あいさつ・笑顔・言葉づかい・身だしなみ・立ち居振る舞い)
○ベーシック
 おもてなし五原則(挨拶・笑顔・身だしなみ・言葉づかい・立ち居振る舞い)について、実践することができる。
○アドバンス
 状況に応じて適した方法でおもてなし五原則(挨拶・笑顔・身だしなみ・言葉づかい・立ち居振る舞い)を使い分けることができる。

4. QSC(クオリティ・サービス・クリンリネス)
○ベーシック
 サービス業で大切な考え方「QSC」(クオリティ・サービス・クリンリネス)について基礎的な考え方と必要性について理解できる。
○アドバンス
 サービス業で大切な考え方「QSC」(クオリティ・サービス・クリンリネス)について基礎的な考え方と必要性について理解し、実践できる。

5. クレーム対応
○ベーシック
 クレームに対する考え方を理解でき、クレームの一次対応ができる。
○アドバンス
 クレームに対する考え方を理解でき、適切に解決に導くことができる。

6. 心のバリアフリー
○ベーシック
 障害者や高齢者等の当事者視点と基礎知識を学び、多様な人材への配慮ができる。
○アドバンス
 障害者や高齢者等の当事者視点とサポート方法を学び、状況に応じて適切な配慮ができる。

7. 異文化理解・外国語
○ベーシック
 出身国や属する文化により考え方や行動が異なることを認識する。来日数の多い国・文化の特性を知る。挨拶や簡単な案内等接客外国語の基本を知る。
○アドバンス
 出身国や属する文化により考え方や行動が異なることを認識する。来日数の多い国・文化の特性を知る。挨拶や簡単な案内等接客外国語の基本を知ったうえで、状況に応じて適切に対処できる。

8. チームワーク
○ベーシック
 チームを構成するための要素が何かがわかり、チームにおいて自分が担う役割(メンバーシップ)を認識し行動できる。
○アドバンス
 チームを構成するための要素が何かがわかり、チームににおいて自分が担う役割(メンバーシップ)が認識できるだけでなく、出すべき成果を想定して自らやメンバーの行動の変革を図れる(リーダーシップ)。

 「おもてなしスキルスタンダード」は、Conscious Capitalism(コンシャス・キャピタリズム)の考え方に近いのかもしれません。



posted by Auctor at 08:00 | Comment(0) | 時事ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする